30代男性のリアルな悩み

一戸建てを購入するべきか否か

一戸建てというのはある意味「夢」に近い、と思っていた。

しかし嫁さんに言わせれば「今がもしかしたら一番の買い時期」なんじゃないか、という。
つまり、子どもがまだ小さく、実質的にはあまり金がかからない。

また住宅ローンは普通、35年の返済期間なのだから自分が働いているうちに全部返済しようと考えるのであれば、
今からスタートしないと間に合わないよ〜、なんだそうだ。

確かにそうだけど、そんなことでこんな大きな買い物できるか!という部分もあるんだよね。

だって、東京で一戸建てを買うなんてまさに一生に一度の決断だ。

一戸建てを購入するか本気で悩む・・・

もし何かあっても「やり直し」なんてきかないだろうしなあ。なんせ貯金だってろくにないのに
どでかい借金を背負うわけだろ?ムリムリ!となるんだよね。

賃貸か持ち家か、一戸建てか集合住宅か。正直俺は何がいいのかわからない。

もちろん憧れは一戸建てだけど、無理して狭―い建売住宅なんかよりは同じ価格帯で便利で
広いマンションでもいいんじゃないの?とも思うしね。

その辺は彼女もなんか一概には一戸建てにこだわっているわけでもないみたい。
「いいところがあれば」というスタンスだ。

一戸建てのいいところはやっぱり「自分の城」というところだろうな。

今の賃貸みたいに壁を汚さないか、とか周囲の人に迷惑がかからないかとか色んな気遣いはちょっと少ないだろうし、
いざって時には資産ともなるだろう。

でもその一方で税金も取られるし、ローンを払い終わってほっとしたころ、色んなところががたついて
そこからまたお金がかかる・・・なんて話も役員のオジサンたちは言っていると、必ずしも一戸建てが最高!
ってワケでもないらしい。

一戸建てにこだわるあまり通勤時間2時間っていうのもやっぱりツライよな〜。娘だけで跡継ぎとかって
ワケじゃなければ一戸建てなんて面倒なだけよ?

マンションとかの方が楽チンだよ?なんていわれると実感のこもっている話だけにぐらつくわけで。
要は俺のほうはそこまで一戸建てにこだわっていないと言うことなのかな。

もちろんお金がいっぱいあるというなら欲しいけど、っていう感じなのかもしれない。
とはいえ嫁の言うことにも一理ある。

そういう意味では今は「買うチャンス」というよりも「考えるチャンス」の時期なのかもしれないとは思う。

将来どこに住むのか、今が考えるタイミング

周囲にそういう話もちらほら出始めたことだし、色んな話を聞いたり情報収集する一方で自分たちの
「資産」の見通しを出しながら現実的にどこまでできるのかを見極めていく時期なんじゃないかな。

とはいえ、現実というのはめざしていく方向性がはっきりしていればいかようにもなる部分があるから
「一戸建て」というモノが本当に俺たちにとって必要なのか、というところをはっきりさせることが大事なのかなとも思う。

そうであれば色んなそのほかのことを調整しながら目指していけばいい。そこの覚悟ができれば
多少の遠距離通勤でも我慢できる、って言うことなんじゃないかなとも思う。

逆に俺のささやかなプライドだけど、もしこの「夢」を「夢」で終わらせるとなっても後から「その時の決断」が
後悔するものとならないようにきちんと考えていくこと、そしてその分「こっちを選んで正解だった」と思えるような
形のライフコースを家族みんなで歩いていけたらいいのかなって思うんだよね。

俺の実家は地方の中心都市って位置づけで、一戸建てだったから一戸建ての気楽さは分かっているけど、
今築40年の家に住んでいる俺の両親の姿を思うと気分は複雑。

ただ、定年を過ぎてから家賃を払わなくて良いメリットって言うのは確かにある。

一方でその家を継ごうとは誰も思わないと言う現実も分かっているわけだ。

それだったら身軽な賃貸やマンションという考え方も悪くはないのかもしれない。

嫁さんにしてみるとずっと団地暮らしが長かったから一戸建てへのこだわりや憧れは大きいみたいだ。

両方の意見がどこで折り合うか、どっちにより熱意があるかなのかな?

負けそうだなあ(笑)。
まあ、いずれにせよ「先立つもの」がなければ話にならないもは事実。

話ができるところまでは何とか持っていきたいと思っているところだ。


Copyright (C) 2014 30代男性のリアルな悩み All Rights Reserved.