30代男性のリアルな悩み

生命保険とかってどこを選ぶべきなんだろう

節約生活を目指し始めた嫁が生命保険も生活費見直しの俎上にのせはじめたぞ(笑)。

嫁はいま「マイホームブーム」?「マイホームシンドローム」?なんかそんな感じ。
何をどうしたら家が買えるんだみたいになってきた。

最近、急激にマイホームが欲しい・・・

生命保険なんかは「見直し」対象ナンバー1だよ。そうだよねー。

おれも独身のころの保険だからとりあえず受取人は彼女だけど、死んでもらう額にしては中途半端だし、
病気になってからどれだけ戻ってくるのか、それこそガンとかになって十分に補償してもらえるとは思えない 
って内容なんだよね。

でも見直しになるとなんだかんだで5年以上前のものだから今の保険料より
安くなるってことはなかなか難しいかもね。

嫁さんは自分のものを解約して2人一緒のものにしたいって思っているみたい。
なるほどなあ。最近の「おくさま」雑誌の情報力は全く侮れないのだ。

でも、じゃあ保険をやめてどこにしたら今より安い保険料でよい保障が受けられるなんてい
「都合のいい」商品があるのかな?

もちろんCMなんかではなんか見積もりしてもらって「ナニこれ!?やっすい」とかいう
保険会社なんかもやっているし、最近は一つの保険会社の枠を超えて
「トータル的にみていちばんいい保険を提案します」的な?保険相談みたいなものがメインな会社も結構あって、
それがまた近所の大手のスーパーなんかに出店していたりしてね。

保険見直し本舗 <公式サイト>
保険見直し本舗

もっともうちの嫁が1度張り切って見直しを相談してみたらなんか、きいたことのない、
保険会社とか紹介されてがっくりしてたりしたからね。

必ずしもいいことばっかりじゃないっていうか、こと金融商品はそれほど大きな差も
出にくいというのが現実だろうと思うんだよね。

値段を安くしようとしたらその分ぜったい保障は薄くなる。もともと無駄の多い保険を組んでいるような
バブリーな人たちの契約ならそれなりにいいのかもしれないけど、俺のなんか最初っから値段抑え目だからね。

保険会社の運用だって昔に比べたらそれほど利益あがらないわけで、
そうなると3〜40年かけ続けたとしてももらえる金額の予測はそれほど大きくない。

だから途中でチョコチョコもらうにしても何かあったときや最後にドッと(?)もらう形にしても
どこかを立てればどこかが犠牲にならざるを得ないと思う。

それから保険会社にもよるけど、2人一緒の保険って、得なような損なような・・・
条件も厳しくなるし、どうだかな、と迷ってしまう。

嫁の場合は自分が病気になった時に直せるだけのものが来ればいいんじゃない?掛け捨てとかでいい。俺のほうは曲がりなりにも家計を背負っているわけだから病気になっても死んでも家族がこまらないようにすることも必要だから多少高くても(今よりあがっても)それはしょうがないのかな、と思う。

って言ったら嫁さん、なんかシューってテンション下がりよった(笑)
でも、多少高くても、今ちゃんとしたのに入りなおした方がいいんじゃないかな。

と今度はこっちがテンションアップ。だってさ保険料って毎年どんどん上がっていくんだぜ。
こればっかりは俺にはどうしようもないんだからさ。

保険会社そのものの選択に関しては基本的には破綻さえしなければどこでも俺は気にしないたちだけど、
その会社の将来性とかよく分からない。

嫁さんなんかは「大手だと営業のおばさんたちがやってくるのがうっとうしい」
といってネットとかで手軽に色々できる保険会社に入りたがる。でもなあ。

金融機関はやっぱり体力も大事だと思うんだよね。あんまり無名もいやだけど、
やたらにCMだけは出していて、実態は貧乏っていうのもあるって聞くしね。

保険会社の友達曰く「金があるなら、保険は要らない」と断言していた。

何か病気になった時の治療費や急に亡くなった時の当座の生活費があったら現金あるいは貯金で持っていたって、
そんなに金額は変わらない らしい。実際、万一の保険料の支払いだって会社によってはより手続きが面倒で、
実際の払い戻しに時間がかかったりすることもあるんだそうな
(最近そういったものを解決する商品も出てきたみたいだけどね)。

それならわざわざ固定の目的の現金を積み立てて、もし元気だったらそのうちの多くが掛け捨てになるより
ずっとお金が有効活用されるんだよね。

そうではない貧乏家庭はやっぱりきちんと適した保険を上手に活用しないとね。


Copyright (C) 2014 30代男性のリアルな悩み All Rights Reserved.