30代男性のリアルな悩み

子どもの養育費にはどれくらいかかるのか?

うちの娘も今色々分かってくるようになってきた。

3歳だけど、女の子ということもあるのか口もすごく達者で親ばかかもしれないけど、なかなか賢いんだよな。
こないだなんか教えてもいないのに「パパ、みぃちゃんのパン(娘は毎朝チョコパンを食べている)2こ食べたでしょ」
って怒られた。

5個入りのパンが3個しか残ってなかったからだけど、引き算よ?
天才じゃないかね?娘のパン食ってる俺もどうかと思うけど、すっげー。

ついこないだまでカブトムシみたいにみかんの絞り汁とかばっかりのんでいた赤ん坊が・・・って感動したよ。

そんな親ばかの俺が考えるのは娘の養育費。

一応ゆうちょの教育積み立てを0歳からやっているんだぜ。やっぱり大学受験とかの前になって
貯金ができているかどうかわからないとなれば最低限やっておきたいからね。

積立郵便貯金↓↓↓
積立郵便貯金

ファイナンシャルプランナーとかライフプランなんて保険のおばさんたちにいろいろ言われる年になってきたけれど、
「子供の教育資金は?」と問われるとここだけは胸をはれる。まあ、おれも嫁さんもできれば子どもはもう一人欲しい。

そうなると教育資金は単純に2倍必要となるだろう。

おばさんたち曰く、「子どもの養育費は大体300万円くらいは必要よー」なんて脅かしてくるけれど、
ゆうちょの学資保険は18年やると大体200万円以上はくるはずだから、あとは子どもの能力次第ではあるけれど
少しずつ準備していけば何とかなるかもね。

まあ、女の子だから「私大理系がいい」とか言い出す可能性はちょっと少ないといいなあ。

できれば一生懸命勉強してもらって公立で最低限高校まで入ってくれよ!とは思っているので、
できれば今の「能力(と呼べるかは分からないけれど)」をもっと伸ばしたいな。

もちろん勉強だけが全てじゃないから何か別の方向性があってもいいけど、
やっぱりいまどき普通だったら大学いくもんな。

俺らの同級生の女の子なんかは2割くらいが短大とかだったけど今、ほとんど4年制の大学に進学するようにに
なっちゃったからねえ。

逆に専門学校なども盛んみたいだけど、あれはあれで結構お金がかかるらしいからね。

やっぱ国立大学だな。って俺の娘なのにどれだけ期待しているんだってーのって感じだけどさ(笑)。

でも娘には何か一つでも夢中になるものを見つけてもらって、
いい友達作って楽しい人生を歩いて欲しいと思う。

どんな親でも一緒の願いだよね。俺たちが学生のころはバブルがはじけて、
世の中が本当に不景気で上の先輩たちが「就職氷河期」に苦しんでいるのを見ながらおびえて就活。

案の定というか、本当に未だに人生がはっきりしないような友達だっている。
そんな時代に子どもたちをもう放り込みたくないよなあ。

それまでは勉強とかスポーツとかそういう目に見える物差しで評価されていたのが「就職活動」は全然違った。

学校で1番できてた奴が高望みしすぎて苦戦していたり、日頃調子よくやっていたやつが
その能力を生かしてそれなりにいいところでいい待遇を受けていたりしていたり。

その会社との相性とか自分の見せ方とかで全然変わってきちゃっているのが現実だった。

でも正直こういうのは運とか縁とか一言で言えない要素だったりするから、
そこをどうにかしようとしてもたぶん難しいだろう。

ただ、若いうちの勉強はやっぱりある程度はきちんとしておいたほうがいいとというのは俺の実感。
嫁もそう言っている。

自分の好きなことやできることを考える少なくとも手持ちのカードになりうるだろう。
そして社会人になったら「何かを教わる」ことは本当に少ない。

学生時代の価値はそこにある。200万円とか300万円とか場合によっては500万円
とかいわれて確かに大変に思うけど、別に全部無理して使うこともない。

あいつが大学に入る約15年先になれば俺だって定年間近。

親孝行して残った分はこの後の弟妹にゆずるもよし(いればだが)、
金に使い道が書かれているわけじゃないからほかの事に使ったっていいわけだ。

そう思うと「18年の無目的貯金」は続けておくべきだな。うん。


Copyright (C) 2014 30代男性のリアルな悩み All Rights Reserved.